×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プライベートのファイナンシャルプランは?

 経営者として、医院経営のお金と個人のお金は分けて考えるべきですが、ご自身のいい人生をおくるという意思決定のためには、やはりプライベート部分のファイナンシャルプランが必要ではないでしょうか。

身近にファイナンシャルプランナーがいらっしゃる先生はイメージできるのかもしれませんが、ファイナンシャルプランは税金、保険、相続、資産などについてお金やそれにかかわる法律などリスク分散も含み計画的に組み立てるものです。医院開業は多額のお金がかかりますし、プライベートのお金の部分での影響度は非常に大きいため重要です。

そこでどういう意思決定をやるかになるのですが、そこでも現状把握が必要になってきます。プライベートの現状把握といってもピントこないと思いますが、一例としてはご自身の現在の年齢、家族、親の年齢を表に記入し、1年後、2年後、3年後・・・・とどういうイベントがでてくるか、ご子息の進学であったり、親の相続対策などなど。それを基に計画的にお金の組み立てを考えるのです、現在の資産、投資、保険、税金など様々なことをベストのタイミングで判断するために、お金に振り回されないためにも計画的にプランを組むことがよいでしょう。特に相続税対策などは10年くらい長期で考えたほうがいいものから中期、短期と組み方組めるものが変わってきたりするものもあります。特に開業医の先生は税金に悩まされている方が多いような気がしますし、対策をしていないばかりに無駄なことをやってしまうこともあります。こういった対策は冷静なときに計画的に組むことがご自身の人生にとても最良と思いますので、医院開業という大きな人生のポイントを機にプライベートのファイナンシャルプランを練られてはどうでしょうか。